コスメ、ちゃんと選んでいますか?

肌の奥深くで生まれる細胞は時間をかけて皮ふの表面へと移動し、最後は皮ふの表面の角質層となって、約4週間経てば剥がれていきます。これこそが新陳代謝の内容です。

メイクアップでは傷などを目立たなくする行為にとらわれるのではなく、メイクアップの力を借りて結果的に患者さんが自らの容貌を受容して、復職など社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも向上させることを目標としているのです。

肌の美白指向には、90年代の初めからあっという間に女子高校生などに支持されたガングロなど、不自然なまでに日焼けする独特なギャル文化への対抗文化ともとれるメッセージ性が内包されている。

ドライ肌とは、肌の角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常のレベルよりも低下することで、お肌にある水分が失われ、お肌がパリパリに乾燥してしまう症状を示しているのです。

例えるなら…あなたは今、このサイトを眺めながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこの癖は手の圧力を直接頬へ伝えて、皮膚に不要な負担をかけることになるのです。

アトピーという病名は「不特定な場所」という意味のギリシャ語のアトポスから派生し、「何かしらの遺伝的な原因を持った人だけにみられる即時型アレルギーによる病気」として名付けられたのである。

美白化粧品だと正式なツールで謳うには、まず薬事法の管轄である厚生労働省の許可が下りている美白に効果を発揮する成分(よく扱われるのはアルブチン、こうじ酸の2種類)を使っている必要があるということです。

むくむ要因は諸説存在しますが、気温や気圧など気候による作用もあるということをご存知ですか。気温が上がって水分を多く摂り、汗をかく、この頃にむくみになる因子が存在しているのです。

運動や入浴で汗をかいて体の中の水分が少なくなってしまうとおしっこの量が減らされて代わりに汗のための水分が蓄えられるために、この過剰な水分が使われずにあの浮腫みの原因になっているのです。

美容外科(Plastic Surgery)は、人間の身体の機能上の欠損や変形の修復よりも、専ら美意識に基づいて人間の体の外見の向上を重視する医学の一種であり、自立した標榜科のひとつだ。

新陳代謝が狂ってしまうと、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現します。老けて見られるしわ・濃くなっていくしみ・顔色の冴えないくすみ・クマ・たるみ・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、まだまだ言い出したらキリがありません。

頭皮のケアはまたの名をスカルプケア(scalp care)とも名付けられています。スカルプは髪の悩みの種である「脱毛」「薄毛」にとても大きく関わると同時に、顔の弛みなどにも影響を及ぼしています。

アトピーの要因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)の中から一つ、又は2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと思われる因子、など。

アトピー因子:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)の内一種類、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生み出しやすいと思われる誘因、など。

日中なのに、いつもはむくまないはずの顔や手がむくんでいる、十分な睡眠時間を確保しても脚のむくみが引かない、などの場合は病気が潜んでいるかもしれないのでかかりつけ医の迅速な治療が必要になります。