知らないコスメは、存在しないのも同じ。

日焼けして出来たシミを薄くするよりも、シミができないようにあらかじめ対策を施したり、お肌の奥に巣食っているシミの種を防御することの方が大事ってご存知でしょうか。

よく聞くピーリングとは、時間の経った要らない表皮を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)することを繰り返して、まだ新しくてきれいな皮膚(表皮)に入れ替えて、新陳代謝を正常化する優れた美容法です。

メイクの悪いところ:ランチタイムにはお化粧直しをする必要がある。洗顔してすっぴんに戻った時に味わうがっかり感。費用が案外嵩む。素顔だと人に会えないという強迫観念にとらわれる。

あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、身体にダメージをこうむった人のリハビリに等しく、顔や体の外観に損傷を受けた人が社会復帰への第一歩として身につける手技という意味を含んでいます。

健康な人間にもみられるむくみだが、これは当たり前のこと。ことに女の人は、夕方のふくらはぎのむくみを嫌がるようだが、人ならば、下半身が浮腫むのは一般的な状態である。

深夜残業、終電帰りの飲み会、深夜に放送されるスポーツ中継・翌日の家族のお弁当や朝食の準備…。お肌が荒れてしまうと承知していても、実際は理想とされる8時間もの睡眠時間を持てない方が多いのは明らかです。

白く輝かしい歯を維持するには、歯の表面だけでなく隙間も丁寧に磨くことが大切です。歯磨き粉のキメ細やかな泡とソフトな歯ブラシを用いて、丁寧なケアをすることが理想です。

むくむ要因は色々考えられますが、気圧など気候の影響も少なからずあるって知っていましたか。気温が上がってたくさん水を飲み、汗をかく、この季節にむくむ因子があります。

全身に存在するリンパ管に沿って進んでいる血の循環が滞ってしまうと、栄養や酸素(O2)がうまく行き届かず、余分な脂肪を多く着けさせる大きな原因のひとつになります。

ドライスキンというのは、皮ふの角質層の細胞間脂質と皮脂の量が正常値よりも低落することで、肌(表皮)にある水分が失われ、肌の表面がパリパリに乾いてしまう症状です。

睡眠が不足するとお肌にどういったダメージを与えるかご存知でしょうか?その答えは新陳代謝の遅れです。健康なら28日毎にある皮膚の生まれ変わるスピードが遅くなります。

皮膚の細胞分裂を活性化して、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している時はほぼ分泌されなくて、夜にゆったりと体を休めくつろいでいる状態で分泌されると考えられています。

更に日々のストレスで、精神にまで毒は山のごとく蓄積していき、同時に身体の不調も起こしてしまう。「心も体も毒だらけ」というような意識が、苛まれた私たちをデトックスへと駆り立ててやまない。

容貌を整えることで精神が元気になり余裕が出るのは、顔に悩みの有る人も無い人も変わりはありません。私は化粧を自分の内側から元気をもたらす最善の方法だと自負しています。

この国において、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや濃いシミが見られない状態を最良とする慣習が前から浸透していて、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。